about

<メルロ=ポンティサークル運営方針>

1993年、メルロ=ポンティの思想に興味を持つ研究者数人が集まり、メルロ=ポンティサークルをスタートさせました。現在会員は150名ほどです。年1回、秋に行われる大会のほか、『メルロ=ポンティ研究』誌の発行、アメリカやフランスのメルロ=ポンティ学会との交流などを行なっております。

狭い意味でのメルロ=ポンティ研究者にかぎらず、さまざまな領域で、メルロ=ポンティの思想に興味を持つ方々に参加していただきたいというのが一同の強い希望です。

運営目的

( 1 )
年1回の大会の開催。
( 2 )
機関誌(第21号からはオンラインのみ)、およびニュース・レターの発行。
( 3 )
メルロ=ポンティ研究賞の選考、決定。
( 4 )
論文集や翻訳などの出版。
( 5 )
メルロ=ポンティ協会(仏)や、メルロ=ポンティ・サークル(米)、 メルロ=ポンティ学会(伊)との連携。

運営方法

( 1 )
重要な事項に関しては、大会時のビジネス・ミーティングで審議し、過半数の同意をもって決定する。
( 2 )
その他の運営に関する事項については、会員が自由に出席できる事務局会議で審議し、過半数の同意をもって決定する。
( 3 )
事務局会議が開催できないときは、会員が自由に参加できるメール会議によって事務局会議に替えることができる。
( 4 )
大会に関する事項については開催校責任者が、紀要出版に関する事項については編集長が、関係者と協議して決定する。
( 5 )
入会や研究発表などの資格制限をしない。
( 6 )
会費は、常勤の方は年3,000円、それ以外の方は2,000円とする(1997年度のみ紀要費補助として1,000円を徴収する)。

事務局

住  所
〒102-8005 東京都千代田区九段南4丁目8番28号 日本大学通信教育部 中澤研究室
郵便振替
01080-7-80675 メルロ・ポンティ・サークル

※お問い合わせはContactからお願いします。

twitter Merleau-ponty CircleFacebook  Merleau-ponty Circlej-stage

PAGE TOP